僕の名前は十兵衛・・11月5日生まれの4番目の息子です・・よろしくねっ。


by fumiyoo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

笑ってみせて・・・!


d0088332_0181631.jpg

穏やかな冬の日差しを浴びながら、早朝から物干しで洗濯物をほす。
なんと気持ちのいいことか!
何時もなら夕方か夜しか干す事が出来ない。月曜日は“お天と様”と一緒。

ひと段落してからの朝昼兼用の朝食・・彼とふたりの食事。
時間に追われることもなく、たわいない会話と会話の夫婦の休日。

また、ひと段落して、彼の時間と私の時間が分かれる。
彼は肺がんで入院しているすぐ上の兄を気にしている。
病院へは、なにげなく寄ったよという“気持ち”で彼は兄に合おうとしていた。
私は、残された雑用をこなそう。
そして、何があっても受け止めようと、まだ歩けていた頃の姿を思い出し、目に焼き付ける。
彼を待つ。
良い「知らせ」ではないことは分かっている。
これもまた日常なのだ。

十兵衛が可愛いのは「生きてる事を楽しんでいる」からだ。
赤ちゃんが 可愛い、愛おしいのは「此れから、生きよう」と微笑み返しをしているからだ。

病気になった人も最後までがんばってほしい
それが、今まで生きてきた“いのち”に対する礼儀でもある。
周りの人達に勇気をもたせ、納得させるまで、粘り続けてほしい。

冬だというのに生暖かい風をうけて、私は車を走らせる。
時間が穏やかに過ぎてゆく・・なんと!“しあわせ”な時間なのだろう。
私は、今“生かされている”・・大切にしなければ・・

生きているだけで楽しいのだ。
[PR]
by fumiyoo | 2007-01-30 00:16 | 家族