僕の名前は十兵衛・・11月5日生まれの4番目の息子です・・よろしくねっ。


by fumiyoo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

姉の痕跡・・

季節はずれの風鈴の音を聞きなら今日はゆっくり・・といきたいところですが、散らかりほうだいの家を少しは片付けるべく朝の7時から洗濯機を回す一日が始まった。

姉が残したCDに「スウィングしなけりゃJAZZじゃない」がある。
懐かしさからかけてみる・・ベートベンの「運命」がかかった。
「ナニュゥ・・」姉らしい・・CDを入れを間違えている・・・姉の痕跡。

いい歳をして何時までも目頭が熱くなる。
私は30年以上前に旦那と出会い彼と結婚し、子供をもうけ京都で生活している。
姉とは長い事生活をともにはしていなかった。
なのに、何時も傍にいたような錯覚をしている・・

私は錨を何処に下ろしたんだろう・・

「スウィングしなけりゃ意味が無い」と言う題名になっていた。
昔は「スウィングしなけりゃJAZZじゃない」だったように記憶している。

このCDは探しても見当たらない。
姉が持っていったのだろうか?



 ハート ・愛の象徴
 十字架 ・誠実の象徴
 錨   ・希望と信頼の象徴
ハートと十字架はさておいて、錨とはいったい何であろうか。どのように苛酷な風雨にさらされても、錨や錨綱がしっかりしていれば、船は流されない。直面する山のような困難に対する最後の希望をつないでいるわけだ。帆以外に推進装置を持たない昔の船にとって錨が効くか効かないかは運命を左右する重要な分岐であったはずである。汽船が帆船にとってかわり、扱いやすいストックレス・アンカーが形の大きなストック・アンカーにとってかわった二十世紀になっても、錨は(ストックレス・アンカーは)希望と信頼の象徴たり得ているのだろうか。

http://underwater.iis.u-tokyo.ac.jp/research/anchorres.html   から。


d0088332_18505886.jpg


[PR]
by fumiyoo | 2007-03-26 19:01 | 姉たち・・