僕の名前は十兵衛・・11月5日生まれの4番目の息子です・・よろしくねっ。


by fumiyoo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:友達( 7 )

彼女の計画・・・・

昨日、友人から電話「私、定年を前に学校辞めることにしたの」彼女は小学校の先生でしたが、数年前から、愚痴が多くなっていました。
「辞めたいなぁ~~」と。
ついに決心して辞めたのは良いのですが貧乏性の私は「生活如何するの?」と思わず聞いてしまいました。ご主人はいますがそれなりに彼女の収入もあてにしての生活だったので気になったのです。
「大丈夫、投資信託の配当分が○万はあるから、それが毎月振り込まれるの」。唖然!!
「そんなのしてたの??」
「使わん金があったらしてたらいいよ」
「使わん金なんてないわ~」気が遠くなりそうな話。

それからの彼女の28歳から教師についてからの武勇伝・・・と言うかお金の話が続いた。
旦那様とはダブルポケットなので家を買うときも半々出しあい、最初からキャッシュで買ったらしい。彼女は、○○万円、養老保険にしていたのが10年で倍になり、家購入時の半額のお金になったらしい。コレだけでもスゴイのに、一括で生命保険を買っていたのを忘れていて、それが満期になり、○○千万円になっていたと言う。この辺りに来ると彼女の変人ぶり(?)がでてきた。忘れる??そんな大きな金額なのに~~~信じられんわ、この状況!
「此処へ、また。入ってくるもん、退職金。」
「・・・・・・・イ・イ・ク・ラ・?」びびりそうになる。
「2000万」
「へーー!!」
大阪の小学校の途中入社の30年勤務の方の退職金です。
「それでなぁ、50坪位の土地京都に買っとこうと思いねんけど~」
「預金はもっていたら」と私。
「でも、いったいいくらあるの?」大体の想像は出来たが思い切って聞いてみた。
「6000万位かなぁ~~」
「それなら、家も買えるね」
私は気が進まなかった。彼女は投資目的なんだ。住む気はないが不良債権で何時如何なるか分からない大阪に不安を抱いての考えでした。
「ライフラインも如何なるか分からんしなぁ」
気が早い!!
「そこまでいかんと思うよ」

どちらにしろ、自分の事なので「自分で探して~!」といって、電話を切ったが電話の後の後味の悪さ。
あるところにはあるんだ!

でも、彼女はこんな事も言っていた。「教師は辞めたら明日から何しよう、思うで!人間関係も終わりやしなぁ、パン屋さんは良いなぁ~お客さんに美味しい言われて、それなりの繋がりがあるやろう!」
「そ、そんな良い事ばかりやないよ!」
「でも、する事あるやん」
「・・・・・・・」(口、アングリ)

確かに彼女は変わっている、平気で失礼な事も私に言う。ある意味学校と言う狭い世界でしか
モノを見ていないのかなぁと思った。その割りに、「お金の事」にはやたら詳しい・・・コレでは優秀な教師ではなかっただろうと思った。
昔、日本人が「お金で何でも買えると思っている」と言って非難された事があったがそれをほうふつとさせた彼女の話であった。

お金で買えないものを探していて、彼女は簡単なお金で解決させてしまっているように思えた。

帰ってきた旦那にはなしたら、「如何でも良い話や!~~早よ!飯にしよう」だって!それが正解かもでした。
d0088332_16524195.jpg

[PR]
by fumiyoo | 2008-03-21 16:52 | 友達

友人とシュトーレン

頭がこんがらがってきました。
朝、目が覚めかかる布団の中で「今日は何曜日?今日は何を最低こなさんとアカンのやろう・・・」とウトウトしてる頭で考える。
毎朝、同じように反復する。
最近はそうでもしないと“ピン”とこない。
老化なのか忙しいからか・・性格なのか・・分らんが一呼吸して考えないと能率良く動けない。

そんなある日、友人へ「シュトーレンどない?日持ちするし美味しいよ・・!」私の営業である。
友人は「営業」と分かっていても久しぶりの懐かしさが先立つようで快く私の話に付き会ってくれる。
そんなこんなで何人かの友人へシュトーレンを送ることになる。
“御贈答”にでもするのだろうか早い人は12月5日位からの注文になる。

10代の頃の友人へ電話した時
「パン、サービスで入れとくわなぁ・・宅配料ぐらい分はサービスやわ」
「甘いパンイランで。ハード系がいいわ!それに調理パン系・・・アレは息子は好きやねん。でもなぁ甘いのは・・」と注文をつける友人。
「文句ばっかり言うのは娘やなぁ・・娘にあわさんでいいわ!、嫌なら一人暮らしの息子とこもって行きー」
「分かりました・・・フッフ(笑)楽しみやぁ・」。
「何曜日に送る?水曜かなぁ?」
「水曜はドウタラコウタラ・・木曜日がドウタラコウタラ」
「分かった。。じゃあ、また!」
彼女とはこんな飾り気のない会話ができる。

夕方宅配の準備をする。5件ほどあった。
普段からしなれてないからか、想像以上に時間がかかった。
送ったあくる日に皆さんへmailをする。行き違いがない様にと・・お礼を兼ねて。
彼女にもmailする。
返ってきた返事が

「解りました
でもなんども木曜日にお願いしてたのに水曜日は遅くていません といってたのに~ ほとんど聴いていませんでしたね!とりあえず明日受け取ることになるとおもいます。ありがとう」
でした。
私は曜日を間違えたようです。
そこで私が送ったmailは
「ごめん!許せ!
頭がこんがらがってました。着付けのテスト・・店。シュトーレン。息子の店が気になるワイ!
来年こそ、着物で会いましょう!!

シュトーレンは傷みませんので来年まで置いてもおいても美味しいですヨン。

   ふみよ  パンが一日遅くなりましたね・・・残念!!
     
忙しいとはいえ、日にちを間違えても気楽に言葉が交わせる彼女・・・
もうすぐ、40年近い付き合いになる。
腹が立って、大ケンカした事もあった。

この歳になってこんな風に接する事が出来る友人が何人か要るという事は“有り難い事だなぁ”と思いつつシュトーレンのラッピングをする。

ーーーシュトーレンと共に友人と話す年の暮れーーーー

   来年は何か一つ目標を持ちたいなぁ・・・生活に追われるだけじゃなくて・・
  忙しい一日が今日も終わります。

  皆さん、風邪が流行ってます・・体だけは自分で守って・・あっ、まだ早いや!!

  
d0088332_1534284.jpg

[PR]
by fumiyoo | 2007-12-07 15:34 | 友達
7月26日、私は「着付け教室」で夕方は留守でしたが、東京から・・と言って良いのか大阪なのか「銀座鈴屋」の甘納豆を手土産にマナミちゃん来店!

マナミちゃんは旦那の友だちの「ひとり娘」。
一人っ子の一人娘。目に入れても痛くない「可愛い子」。
東京生まれの東京育ち・・なのに「吉本」が好きで、関西漫才が好き、三重の人に嫁いで、大阪暮らし。
時たま故郷が懐かしいのかお母さんの顔が見たいのか、「東京へ」里帰り。
里帰りの帰路のついでに、大阪へ直行せずに我がmonopoleへパンを買いに寄ってくれました。

食パンと菓子パンをもって帰られたとか・・会えなくて残念!
娘の居ない私には、そよ風のようなマナミちゃん!
バリバリのキャリアウーマンのやり手のお母さんの娘とは思えないぐらい・・・可愛いだワン!
陛〇(父親です)が鼻の下が長くなって目がたれるのも分かる。

マナミちゃん、銀座鈴屋の甘納豆、全部私が食べましたよ~~ん。
おっちゃんは1個だけ。
おいしかったで~す。
又会いたいね。

陛〇!
娘さん寄ってくれましたよ!手土産もって・・嬉しかったワン!

では、又会える日まで~~
陛〇、還暦は何時??

あぁ・・忘れてはいけません(恐!)
白湯里さんによろしく~~!


----------------こんな独り言の記事もありよね------------



d0088332_1542871.jpg

d0088332_1551578.gif
[PR]
by fumiyoo | 2007-08-02 14:58 | 友達

カソルラさん来店

花粉症とは関係なかった私が、2,3日前から鼻はかゆくて、鼻水は出る。目もかゆくて美人も台無し・・というわけで化粧も出来なくて、大きなマスクをかけて目をしょぼつかせながら冴えない顔で私はmonopoleにいた。

「ふみよさん・・!」お客さんの1人が声をかけた。
「カソルラさん・・!」私は迷わず名前がでた。

「こんにちわ、来ちゃいました」
それから2人はお店でお喋り。。
お昼時は自宅に帰るので一緒に帰って十兵衛の散歩に付き合ってもらい・・
それからお昼を一緒に頂きました。
5時までは家事の為に自宅に帰るので それまでのひと時を散らかった我が自宅で過ごしました。
皆さん、くしゃみしなかったですか?
皆さんの噂話に花が咲いていました。言いたい放題。(フッ・フッ・アハハ)

d0088332_1436383.jpg

  おむかいにカソルラさん。間に1人鍋をはさんで・・
d0088332_14375799.jpg

  カソルラさんは湯豆腐。私は鶏鍋。
  京都風はお上品で育ち盛りの2人には少し足りなくてご飯・「おかわり~~!!」。
d0088332_14422159.jpg

一日早く「母の日」のカーネーショオン・カソルラさんの「おもいやり」。
[PR]
by fumiyoo | 2007-05-13 14:36 | 友達

大エルミタージュ美術館

世間は連休モード我がモノポールは彼らに合わせて。。朝からパン作り・・7時開店。
でも、最近はめっきりマイペースお客さんも呆れるやら、諦めるやら、合わせて下さるやら、多種多様・・・日曜日でも7時半過ぎないとパンが揃ってない。

何時ものお客さんは遅めにきて下さるのに、今日にかぎって6時半からパンをお買い上げ。「サンドイッチ作りましょうか?」悪いので注文を聞く。
「うん、待ってるから、作って・」
何人かのお客さんが「待ってるから・・・」と狭いお店で立ったまま待ってくださる。
大忙しで次から次へとサンドイッチを作る。
「あんぱん出来てます?」「ドーナツはもう、あげれます?」次から次へと、今度は旦那の受け持ち範囲。
「あと。3分ぐらい・・」「まだ、ホイロなんで10分はかかります・・・」几帳面に答える旦那。
息も絶え絶えに朝の久しぶりのラッシュが収まりかけた頃、電話がなった。

「はい、モノポールです」
「〇〇です。」
高校時代の友人だ。小学校の教師をしている。

ゆっくりするつもりの月曜日だったが彼女と京都市美術館へ行くことになある。
大エルミタージュ美術館展 がきている。
私もどちらかと言うと好きな方なので行く事にする。
今年初めてのお出かけになる。


--------------------------------------------------------------------------------

ヨーロッパが自然とどのように向かいあってきたのか。「都市と自然と人々」のテーマのもとに、15世紀のヴェネツィア派から19~20世紀のモネ、ゴーギャン、ルノワール、ピカソといった作家たちまで、75作家80点のエルミタージュ美術館の名品を紹介。

とある。カソルラさんが好きなヨーロッパを少しは身近に感じられるだろうか・・・

行ってきます~~~~!!! 
d0088332_1632504.jpg

 
後日談を書きたい・・・モロコと釣の話も書きたい。十兵衛の事も。そしてウィングロードでの道のりも書きたい・・・また、読んで下さいねっ。
[PR]
by fumiyoo | 2007-04-29 16:32 | 友達

紅しだれコンサート

今年の桜は近所周りで楽しむことになりそうです。春だというのに~~何処も行かない。
そんでもって、5年ぐらい前より毎年行っていた「紅しだれコンサート」の写真をアップしてみました。

平安神宮のお庭でコンサート、その後、紅しだれ桜のお庭を散策する。

最初の年はお庭が工事中で大極殿の前でのコンサートになりました。
中国からモンゴルにかけての昔からの「笛」の数々を吹いてくださいました。
幻想的な桜の世界で聴くアジアの音色は心をやすませてくれました。

d0088332_1653325.jpg

d0088332_16535216.jpg
d0088332_16541234.jpg


笛の名前が覚えきれなくてかけませんでした。演奏者の方のお名前も忘れてしまいました。

去年、行った時は少し興ざめでした。観光客が多くて、人だらけでした。
すいてる位の方が、情緒がありますね。
有名になると失うものも多いきがします。

私だけの「桜」を見ていたい年齢になりました。
[PR]
by fumiyoo | 2007-04-06 17:00 | 友達

友達

去年の12月に高校時代の友人のお母さんが亡くなった。知らせを聞いたのは1月も中ごろだったように思う。すぐに行こうと思いながら、義兄の死。姉の死。と続いた。「行けないなぁ・・」と気がかりで彼女に電話をした。それだけの用件のはずが懐かしい声を聞いて私の気持ちがゆるんだ。「姉が亡くなってねぇ・・」。
内輪だけでの葬儀のはずなので誰も呼ばないでおこうと兄に言われていた。

彼女達は通夜の日に来てくれた。姉も知っている友人でした。15歳の時から合ったり合わなかったりして時が流れていた。2人の顔を見て何故か「ホット」した。

寒くて震えている私に彼女は黒いショールを私の膝にかけてくれた。温かかった。カシミアのショール、手触りが心地良い。

姉の顔を見て「変わったねぇ、面影ない・・」と淋しそうに言った。2人の友人が姉にお別れをして帰っていった。

何だかとても慰められた。10代の頃話が尽きずに行ったり来たりした三和商店街。突き当たれば彼女の家のほうに、こちらに帰れば私の岐路に、その間を何度行ったり来たりしながら歩いた事か。私が結婚した時には旦那の「着物」を縫ってお祝いにくれた。彼女の結婚式にはスピーチを頼まれ苦労した。

京都に帰り、近所のお風呂友達が「お昼食べに来ない」と誘ってくれた。気分がふさいでいると思い気遣いしてのことだった。
お店の近所の“たまちゃん”は私に「がんばってるやん」と声をかけ、ピーナツいりの飴をくれた。

いろんな人に癒されている私です。有難うございます。
[PR]
by fumiyoo | 2007-03-12 17:47 | 友達