僕の名前は十兵衛・・11月5日生まれの4番目の息子です・・よろしくねっ。


by fumiyoo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2006年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

銭湯・・・・

銭湯・・今は“スーパー銭湯”と言う呼び方が多いですが我々の時代は”銭湯”でした。そんな銭湯に久しぶりに近所の人と一緒に出かけました。
主婦の会話・・・体が不自由になってリハビリが必要な時今までは病院での保険が利いていたので僅かな費用の負担でしたが・・・・“これからは良くなる見込みのない人はリハビリ打ち切られるねんて・・・”“誰がそんなん決めるン?”よう解らんけれど、医療費削減のためちゃう?”“そんなんしたら悪くならん人まで悪くなるやん!”“そうやん、ハヨ駄目なるわ、怖い世の中なるなぁ”3人はため息をつきながら顔を見合わせました。脇で聞いていた私もこれからの自分自身の体の維持管理が頭をよぎりました。と同時にこれからは何でもかんでも自己責任って国は押し付けてくるんだろうなぁ。日本の昔からの日本の良さが薄れ消えつつある現代、日本人はどこへ行こうとしているのでしょう。こんな節理のない目先だけのことで物事を決めてもいいんでしょうか?おばちゃん達の真剣な表情がこれからあきらめの表情に変わらない事をねがいたいです。

d0088332_1441358.jpg

 仲良き事は 美しき哉  (武者小路実篤・・・だったように思います。)
[PR]
by fumiyoo | 2006-09-30 14:54

ふらっと・・・

以前近くのお店で顔を合わせた折に何とはなしにおしゃべりをしたことのあるお人がフラットお店に入ってきました。晩酌をしたのかいい具合に出来上がっていました。彼のしらふの時はあまり知らないのでいつもの事で驚きもしないのですが・・話の持っていき方で政治の話になり彼のウンチクを長々と聞くはめになりました。彼の寂しさは会話の中にも滲んでいてあまり邪険には出来ないのです。袖すりあうも何かの縁・・って奴で・・今回も京都市のゴミ袋の配布のいい加減さから(10月から有料になる為のサンプルのゴミ袋の配布の事)京都市の行政の汚職から社会保険庁のいい加減さから地方自治体の全てのいい加減さ・・挙句の果てに安部新総理の頼りなさまで・・・1人でえんえんとお喋りして、足をふら付かせながらパンを抱えて帰って行きました。その名前も知らないお人から木で出来た刀を頂きました。今日は酔っ払っていましたがしらふの時は手先が器用なのでしょうね.

d0088332_20153230.jpgこの刀は写真では解り難いでしょうがとってもミニなのです。
横幅は10cm位縦は4cm位なのです。後ろの兜は私が古道具屋さんで見つけた物です。これもミニです。
[PR]
by fumiyoo | 2006-09-27 20:17

夕食・・・

きのうは久しぶりの“すきやき”でした。下の息子が仕事で遅くなると言う事なので3人の夕食になりました。今日はすき焼きの残り野菜を使って豚汁と秋刀魚にしました。今作り終えてこれから又お店です。第2部ですね。

お肉の顔を見て上の息子はニタッとしました。
d0088332_16434897.jpg
魚は下の息子がおいしそうに・・きれいに食べてくれそうです。
d0088332_16482510.jpg



幾つになっても親ばかで~す。
[PR]
by fumiyoo | 2006-09-27 16:55 | 食事
なんと久しぶりに四条へ行きました。おもしろいかばちゃに出会いました。おじいさんとおばあさんが二人で京都の繁華街で昔ながらの八百屋さんやってはるのにもほっこりしました。
d0088332_20302570.jpg
奥にいるのはおじいさん・・・いいかんじ・・客が来ても動かん!d0088332_2030546.jpg










d0088332_20353979.jpg

これは玄関に飾れば良いとおばあさんはいってはりました。食べなくても腐らんそうです・・・ほんまかいなぁ?
[PR]
by fumiyoo | 2006-09-26 20:42

チコと姉

時代劇・美空ひばり・中村錦之助が全盛期を迎えていたものの1家に1台の車もなくテレビもそれほど普及していなかった・・そんなにある日公園で捨てられかけているネコを見かけてしまったのです・・それがチコとの出会いでした。賢いチコは姉と私が口げんかすると冬などはオコタの中でよく足を噛んだものでした。私たちはハットして“チコが嫌がっている~”と思いました。勿論口げんかもおわりです。昔はね避妊手術するときもネコの足を押さえておいてくださいと言われて・・ホンと獣医の免許もいい加減なもので陸軍の軍医あがりだとか何とか・・聞いていた医者でしたが結局チコは手術の失敗で殺されてしまいました。後にまんじゅを持って誤りに来ましたが私はチコがまんじゅうを喜ぶとは思わなかったのでお墓に行ってもらい誤ってもらいました。まんじゅうは投げ返してしまいました。私が18のときです。  昔懐かしいチコの写真d0088332_18384459.jpgd0088332_23125910.jpg

[PR]
by fumiyoo | 2006-09-24 19:07 | 姉たち・・

バッタ・稲穂・・・


d0088332_15492565.jpg
d0088332_15495574.jpg

お店の植木で休んでいた大きなバッタ・・もうすぐ、あなたの季節は終わりますよ。
d0088332_1552085.jpg



d0088332_1553518.jpg刈り取られた稲穂・・・もうすぐ新米の季節

こんな気ぜわしい都会の真ん中でも季節の移り変わりがやって来ます。

空も・・秋の気配を運んできています。海は見られないけれど大きなartのような空があります。
皆さんの“空”は大きいですか?
[PR]
by fumiyoo | 2006-09-23 15:55 | き・せ・つ

祇園祭り

もう、秋が来ましたね 今年の夏も“祇園さんやなぁ、やっぱり暑いわ”で祇園祭の頃よりピークになり 暑い、暑い、と毎日言っていたように思います、その祇園祭が今年はお店の休みに当たったので“鉾回し”見物がてら雨だと言うのに朝の早くから起きて”場所取りしなぁ見れへんど”と言う治平さんの言葉どうり少し早くおきて出かけました。彼が学生の頃は鉾回しの人たちはこの鉾はどこそこの大学生とか決められていた様な事もあり、今のようにアルバイトやボランテァ(もちろん山鉾の氏子になっておられますが)ではなかったような・・山鉾の道順も昔は狭い道を軒すれすれに巡行していたとか・・四条なんて大きな道を通るようになったのは祇園祭が観光客がたくさん来るようになって来てからだとか・・代々京都にいる人なので色々教えてもらいながらの・・見物でした。“辻回し”・・迫力ありました。竹を地面にひいたり水をまいたりして山鉾が辻を回りやすいようにしたり,両脇の大きなカジ棒で方向転換したり・・色々工夫があるんですね。“くじあらため”の儀式もおもしろかったです。雨の中なのでくじあらための箱の紐が上手く取れなくて観衆からドヨッと声が上がりました。皆、平安時代から受け継がれてきたこの祇園祭をこよなく愛しているんだなぁと思う瞬間でもありました。そんなこんなですっかり雨の事なんて忘れてぬれながら見ておりました。お店があるので今度は何時見れるか解らないなぁと思いつつ 岐路に着きました。
後で聞くと 我が着付け教室の市田先生も来ておられたとか・・何かと京都の伝統行事には携わっておられるんですねぇ。
  市田先生


辻回し菊水鉾
d0088332_15555334.jpg

濡れた月鉾?d0088332_1556265.jpg
[PR]
by fumiyoo | 2006-09-17 15:58

モノポールのはなし

今日は・・うれしい出来事が2つありました。・・1つは・・赤ちゃんを抱いた若いお母さんがお店に入ってきて“うわ~おばちゃん・・私、お母さんにゆうて よぉー小ちゃい時朝起きたらモノポールへパン買いに来ててんで、わぁ、懐かしいわこのパン卵パン、あっこの生クリーム好きやってん、おばちゃんあの窯も昔のまま?うわ~涙でそう~”とひとしきり感激!“おばちゃん、モノポール22年やってんの凄いやん私生まれてへんやなぁ”と言ってたくさんパンを買って帰って行きました。彼女の思い出と我がモノポールのパンの味がLNKしている事が嬉しかったです。長ーい事西京極でやっていて良かった、西京極へ何かの用で来た時は懐かしがってモノポールへ寄ってくれるお客さんがこの頃時たまあります。パンは味も大切ですがお客さんの“思い出”に残っていると言うことも大切な事であり、ありがたい事でもあります。
もう1つの嬉しい事は西院のある会社の方が電話で“パソコンで見たんですが場所はどこですか?”と言ってサンドイッチを注文してくれた事です。なんのパソコンなん?誰が載せたんやろう?と思いつつパソコンで検索したら何とyahooのサイトじゃぁありませんか!私のホームページなんてだれも検索した形跡もなし・・おかしいなぁーと思っていました。でもどちらにしろモノポールが人様の目に触れるのは嬉しい事です。
 http://app.blog.livedoor.jp/gogoniwaken/comment.cgi/50239060#errors
これがモノポールが載っていたアドレスです。
d0088332_22515458.jpg
clear=all> d0088332_22552065.jpg
[PR]
by fumiyoo | 2006-09-14 22:57 | モノポールの話

ふ~ふ~言いながら・・

 健康を考えて こんな事もしています・・
何時まで続くか解りませんが、30分汗を流しております。あれもこれもとやりたい事だらけ
時間と肝心なものが続かんわ~d0088332_1432073.jpgd0088332_14321662.jpg
[PR]
by fumiyoo | 2006-09-11 14:34

姉とげん

我が家に来て15年、ゲンは去年の11月16日になくなりました。
やんちゃで賢かったゲン、何よりも一人でほっとかされるのが嫌いでそのくせ構うと時には歯をむいて嫌がりました。そんな我がままなゲンは
犬小屋を与えてもコッパミジンに破壊し、立派な犬小屋も唯の木片となりました。家族旅行はいつも一緒で夏は海、冬はスキー場、秋や春には神社参りとどこにでも一緒に出かけました。家族ですね。自分を“犬”とは思っていなかったかも・・
彼は今、静かに眠っています我々家族の居間で・・骨壷の中で。さぞかし窮屈がっていることでしょ、犬小屋を破壊したときのように、骨壷を破壊してよみがえっておいで・・

 この文章を書いてから数ヶ月がたちます。お昼に自宅の玄関のドアを開けるといまだにゲンの匂いがかすかだけれどしています。ゲンはよく鼻から血を出していました。治平さんも鼻炎なのでゲンも同じ鼻炎だと思っていました。でも亡くなって火葬し終えた後のゲンの体には赤く焼け残ったところと黒く焼け残ったところが出来ました。赤いところは血の塊だと言われました。黒く残っているのは患っていたところだとも。でも変に薬づけにしなかったので骨は真っ白に残りました。
 可愛がった犬は死ぬ時に主人の病気を持って行ってくれるともききました。ゲンが亡くなるまで鼻炎がきつくて鼻血を・・それも口にまで回って口からも血が出ていた治平さんのその血が出なくなりました。そう、ゲンが持っていってくれたんや!ありがとうゲン!
お父さんは最近鼻炎 血が出るほどきつくなくて不思議です。ゲンつらかったやろごめんね
何もして上げられなくて・・
d0088332_8335664.jpgd0088332_8342837.jpg
[PR]
by fumiyoo | 2006-09-11 07:49