僕の名前は十兵衛・・11月5日生まれの4番目の息子です・・よろしくねっ。


by fumiyoo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2007年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

民主党圧勝!!安倍さんが“あやつり人形”の様に見えてきた。口元もおかしいあれは声帯模写か!
NHKの政治家さんの討論会でも、何や自民党さん「元気ない」遠慮下に「民主党さんのご意見も伺って・・」とかおっしゃってた。小気味良い!!
冗談じゃないよ!みんな「小使いになれば良い」と思って年金かけてないし。「暇つぶし」に子供を学校へやってるんじゃない。成績を成果主義と同じように扱い子供達を品物扱いされては困る。
今や!小学校の先生は一週間の授業内容を細かく書いて(決められた書き方があるらしい)
週明けに校長に提出しなければならない。(授業前に来週分を提出するらしい)
コレは京都の小学校だけでしょうか?
お客さんのご主人が小学校の先先されてるんですが「土曜日、日曜日はダルマさんの様に丸くなって、一週間の授業内容を提出する為に机に向かってはるわ」
「それって、言語統制??」思わず言葉が出た。
「そうやと思うわ!嫌な話やけど・・これからの子供はたいへんやで~」と奥さんが言う。
「父兄がうるさくて、神経疾患になる先生が多いとか聞くけど?」
「父兄がうるさいのは今に始じまったんちやう、上からの締め付けで先生が神経やられはるねん」。
「・・・・・・・・・」私は言葉が出ない。
「マスコミの話と違うやん、そんなことマスコミで聞いたことないよ」
「マスコミも肝心な事は言わん。放送法何たらがあるやろう~」そう言って彼女は帰っていった。
何かが変わり始めていることは確かなようだ。
先生の質も問われるが、その先生先生の考えが子供に影響を与えて先生も手応えを感じて「教育する」のが自然だと思う。
安倍さんの様に、学校の先生まで、「あやつり人形」になって、声帯模写やりだしたら、日本の将来は如何なルン?
一応国民は民主党に「やって!」と言う判断なんだから、がんばって!
市民サイドからの政治をしてほしいと思います。
小沢さんガンバレ!!
どぶ板選挙・・・良いではありませんか、これからお手並み拝見ですね。
少ない国民年金で日々不安にかられてる人がどれ程多いか知ってほしい。
生活がなければ「憲法」もないでしょう。

これから、政権交代の除幕式ですよ!
[PR]
by fumiyoo | 2007-07-30 22:54

外食・・・

我が家は外食を殆どしない。土曜日は近所の人も「外食」したりして、何となくアットホームで羨ましい。旦那と外食の件から「思いやり」に発展してケンカしてしもたぁ・・・・(>_<)
家事と店の仕事でいっぱいいっぱいでいろんな意味で疲れが溜まる。ストレスも溜まる。
そんな時のたまの外食はガス抜きになる。でもコレは私一人の意見で旦那は“骨”と“神経”で生きてるような人なので、そんな事は関係ない。

若い子が田舎のきつい肉体労働を嫌がって、信州のレタス農場にまで中国の方が来られてて、それはお互い助かってるようです。「研修制度」はとかく問題もありますが、それは、今日は触れないでおきましょう。
それに梅農園!中国の安いのが加工用として入ってくるので、日本の小さな梅農園の梅を刈り取る人手もなく、あまりの安さにコスト的に合わず、梅が朽ちて落ちるのを見ている以外術がなく・・あと5年もすれば荒れ果てて、梅はもう出来なくなるだろと農場主は嘆いていた。きれいな梅ノ木が整然と立ち並ぶ姿は「美しい」の一言ですが、これも行政のなせる業なのです。
どちらにしろ、コレだけニートが多くて仕事のない若い人が何たらの野宿とか言って、24時間営業のパソコン屋さんへ泊まり歩く。漫画喫茶を仮の宿とする・・という事は社会問題なのに、片方でこんなに人手をほしがってる人たちが居る。日給7000円三食宿付と書いて募集しても日本の子は来ないらしい。

「なんでやろうなぁ」と私が旦那に聞くと、
「都会は麻薬みたいな魅力が若い子にあるんやろう、どんなに貧乏してても携帯は離さん、あれがあれば、何でも出来る位に勘違いしとる。都会の麻薬の魅力に惹かれて、田舎で肉体労働なんかいやがるんや!」
「誰か気付かんのやろか?勿体無いやん、あの梅ノ木。」
「気つく奴もいるやろう!・・・」
こんな考えの旦那だから、外食なんて、ヘノカッパ。何がおもろいねん。と言いたいのだろう。それはそれで分かるが私は外で食べたいの!!

つぶやき・・・彼は山で生活してた時と変わらん生活を都会でしとる・・彼は「山」にいればお似合いだ!

だから今日は一人で「焼肉。食べ放題!」行ってきました。色んなカップルが来てておもしろかったわ!でもね、食べ放題のお肉は頂けないね。折角落ちた体重も元に戻る位たべちゃいましたけど(やけ食いカイなぁ~)ひとりで元取るほどは食べれないワン!!
何かオモロナーイ!外食でした。

d0088332_22402166.jpg

[PR]
by fumiyoo | 2007-07-28 22:41 | 家族

私の三丁目の昭和

解凍

d0088332_1744144.jpg

此方のプログの方の写真です。おかりしました。

コレは懐かしい氷屋さん!!
幼い頃は、氷屋さんが、冷蔵庫へ氷を入れてくれるのが楽しみだった。
威勢の良い兄ちゃんが荷台の大きな自転車に氷を縄でくくりつけてやってくる。
一貫目、二貫目単位で氷に割れる筋が入っていて、その筋へノコギリを入れる。そして、一貫目、二貫目単位で買う。氷 入れるまではタダの木製の箱.
それが生き返る。なくてはならない家庭の冷蔵庫と化すのです。
氷が解けるまでの間は立派な木製の冷蔵庫。
洗濯板にタライ、茶カスに座敷ボウキ、母の真っ白な割烹着姿。
畳のお部屋で(昔は全て畳の部屋)大きなお膳で食事。
母が漬けた何種類かのぬか漬けが大きな皿に盛ってあり、それが主役のような食卓。
家族の顔を見て、オカズを見てご飯を入れてあるおひつに目をやる。「おかわりは大丈夫か?皆の分はあるんだろうかとチラッと見る。
冬にはそのおひつをわら製の蓋つき籠へ入れて保温したものです。(何とか言ったんですが忘れたの)
大切に大切にご飯は扱われた
お茶碗についた米粒も、おひつに付いた米粒もお茶をかけきれいにさらわないと母は烈火のごとく叱った。
オカズの文句なんてご法度。母が怒り狂うのは分かっていたので子供ながら気を使った。
病気になって、熱が出ると「たまごが一個」でた。
病気の私には卵かけご飯が何よりの滋養だった。
そんな「オカズの歴史」にも、我々子供達に文句は言わせなかった母。
母は誰よりも強かった。

茶カスも捨てずに掃除の時は大活躍!
暑い夏の日の冷風は扇風機。
たまに見る氷を口にするのは、暑い夏の何よりの清涼感。

そんな私の三丁目の昭和。
人々が皆笑って、貧乏できた日々。
「モノ」が全て我々の生活の大切な糧だった。
使い捨てられるモノなどなかった。
人と人の関わりも尊厳と尊敬があったように思う。

ましてや!人が使い捨てられる時代が来ようとは誰が予期できたであろうか!!
こんな時代に誰がした~~♪(昭和の歌)
我々だけは魂を売り飛ばしたくはないものだ!
心の中に「三丁目の昭和」は生きている!
d0088332_17145618.jpg

[PR]
by fumiyoo | 2007-07-27 17:06 | 昭和

十兵衛の国境

何時もは十兵衛は“うら”にいます。私が仕事の時は“うら”で留守番です。

以前のプログ「日曜大工ならぬ月曜大工」で書いていたように“うら”は何らかの手入れが必要かと思っていました。ゲンは良く脱走したからです。お店に行った私達の後を追ったのです。
お店を知らない十兵衛なら「騙せるかも・・」と思い、姉の急死も重なって時間が過ぎるままにしてありました。

先日の日曜日仕事を終えて帰ってきた私の目に飛び込んできたのは固まった十兵衛の姿でした。
そうです出ていたのです!ドウシテ?なんで?頭が真っ白になりました。
十兵衛は門の前にキッチリお座りして固まってたのです。自動車も来る、人も通る。近所の人にも迷惑だ!
十兵衛は何もしません。タダ遊んでほしいだけなんですが、近所の人にそれほどの馴染みがなく十兵衛はそれほど認知度が高くありません。分かってもらえるはずがないのです。

障害物を高くしようと旦那と話し合い、コレなら大丈夫だと思いました。
そんなある日、帰ってきた私を待ち受けていたのは、何時も孫のモリをしているTさんの言葉でした。「Sさんが十兵衛ちゃん、捕まえはったよ!出てたみたいよ!十兵衛ちゃんやと決め付けてはったけど・・」
「・・・・・??」私は思わず「日曜日は出たけど、今日はいると思うけど」と言いながらドアを開けました。
十兵衛はいました。あどけない顔で寝ていました。

家に上がってから息子に聞くと「うん、連れてきてくれはったよ!出てたみたい!」、
ガクン!ショックが頭のてっぺんからつま先まで走りました。
それから、Sさんのお宅へお礼とお詫び方々行きました。
Sさん家には豆柴の「さくらちゃん」がいます。以前はケビンという犬がいてゲンとは犬猿の中でしたが、今度のさくらちゃんと十兵衛は結構良い感じなのです。
Sさんから十兵衛の事を聞きました。「良く捕まえられましたね」十兵衛は機敏なのでチョットやそっとでは捕まりません。遊びだと思うからか走り回って喜びます。
「いやっ、お家に上がってきたからなぁ。始めはさくらと間違ってん」冷や汗がヒー!「家に・・?」
「そやねん、ドアー、開けてるからなぁ。さくらが入れるように、さくらと散歩行ってたら上がってた見たい」その後私は平身低頭して謝って帰りました。

何ででるねん!こんなに、高いのに。どーすりゃいいねん。
柴はジャンブ力がすごいのは知ってました。野生の本能が強くてそれが魅力、でもまだ8ヶ月、十兵衛お母さんを困らせんといて!近所に誤るのは良い。子供を大きくする時に「近所に誤りながら、子供は大きくせよ!」と誰かさんに言われた事がある。誤るのは良い。慣れている??
私達の後を追っての脱走だけど
最近は交通事故も、誘拐もある。
十兵衛は可愛いから、誰かにでも連れて行かれたら・・・
何処までも親ばかです。
知恵比べですが、ナカナカ相手は手ごわいワン!!

d0088332_1543458.jpg

[PR]
by fumiyoo | 2007-07-25 14:59 | 十兵衛

十兵衛のアイス




おとぎ話の王子でも 昔(むかし)はとても食べられない
アイスクリーム アイスクリーム
ぼくは王子(おうじ)ではないけれど
アイスクリームを召(め)し上がる
スプーンですくって ピチャ チャチャ
舌にのせると トロン トロ
のどを音楽隊(おんがくたい)が通ります
プカプカ ドンドン 冷(つめ)たいね
ルラ ルラ ルラ 甘(あま)いね
チータカタッタッタ おいしいね
アイスクリームは 楽しいね

おとぎ話の王女でも 昔はとても食べられない
アイスクリーム アイスクリーム
わたしは王女ではないけれど
アイスクリームを召し上がる
スプーンですくって ピチャ チャチャ
舌にのせると トロン トロ
のどを音楽隊が通ります
プカプカ ドンドン 冷たいね
ルラ ルラ ルラ 甘いね
チータカタッタッタ おいしいね
アイスクリームは 楽しいね

おとぎ話の王子でも 昔はとても食べられない
アイスクリーム アイスクリーム


追伸・・音楽入れたかったんだけど、著作権何たら~~で拒否されました。アップできる音楽サイト探しましたが、midでは駄目。mp3ならいけるのかも知れませんが・・・難しくて「や~~んぴ}でも又やりたい!!
シェイロンさん、ご存知でしょう?
面倒でなかったら
教えて・・・
拡張子・・・変えれたら良いのんですが。駄目でしょうね。ごめん!!
[PR]
by fumiyoo | 2007-07-23 16:35 | 十兵衛
7月16日は宵山でしたが、夫婦で行こうと言ってたのが「眠たい!」の一言で予定変更。

四条の山鉾が立ち並ぶ所でお店をしている息子に話を聞くと「動けヘンぐらいの人やで・・」との感想。
この時期は祇園さんに会わせて、甚平に雪駄姿でお店で、お客さんを迎える息子のお店の南側のドアーの前は「かき氷屋さん」、東側のおしゃれな出窓の前は「五平餅屋さん」が陣取ります。
息子曰く「商売にはならん」らしいです。でもコレは暗黙の了解でお祭りの為に協力します。
テキヤのおっちゃんが「おにいちゃん!トイレかしてや!」と地下足袋姿で入ってきます。
きっと息子はニコヤカに応対している事でしょう。そうして、慣れていくんでしょうね。

「京の音紀行」でも楽しんで祇園さんを想像してください。

・・・ 一日、家にいてプログのCSS編集に取り組みました。初めてのCSS編集・・・疲れました
全てのエネルギーを使い果たしたカンジです。大げさと思う人はご勝手に・・・

梅雨明けが待ち遠しい・・・梅たちです。
d0088332_1583822.jpg
d0088332_1585860.jpg












下の子が珍しく“べんきょう?”です。
d0088332_15103110.jpg

   11月の試験を控えて・・・

私も「着物検定」・・・11月に試験です。今度は三級です。チト難しいかも・・・
着付け教室も長くなりましたが、「実力」が・・・
頑張らないとついてけない。
学生に戻った気分でやれるのが嬉しい。
結果は二の次です。
親子そろって・・結果は二の次です。
それで良い。それで良いのです。
満足・・・!?

[PR]
by fumiyoo | 2007-07-20 15:28 | 勉強

夏バテ十兵衛

夏バテの十兵衛がやっとアップできました。

URL間違ってたの・・・ドガログさんへ送るのかと・・・自分のプログだったんだ、以前もやったんだけどやり直しばかりしてたらどっちだったか"^_^"分からず・・天然ボケー!





十兵衛の前向きはこうしないと撮れないワン!!

初めての夏!
十兵衛は食欲も落ち、餌入れには見向きもしない。何時も入れてあるのに、
食事量は自分で調節する。ゲンもそうだった。
柴犬の利巧な所か?困った所か?
自分で考えて行動しようとする・・
コレが柴犬の醍醐味なんだなぁ
・・・だから言う事は100パセント聞かない。
バカだからじゃぁない。

人間との知恵比べなんです。

[PR]
by fumiyoo | 2007-07-15 14:14 | 家族

さらば!ハイセイコー

彼と出合ったのは信州の霧が峰
それから数年たったある日、京都に戻ってきた彼と友人宅で仲間達と会う。
ワインを飲んだあくる日は京都競馬所へ・・・考えてみれば初めてのグループデイトであった。
その後、新婚旅行は北海道の牧場めぐりとあいなりました。
当然、ハイセイコー全盛期に知り合った私達は馬を見るための新婚旅行になったのです。
100枚の新婚旅行の写真92枚まではお馬さんの写真ですが今回はお借りしました。
我々が北海道へ馬めぐりしたのは昭和52年・1977年の古い写真は又、別の記事で・・

d0088332_1347558.jpg

http://www21.ocn.ne.jp/~kotatsu/kengaku4.htmより写真お借りしました
写真は昨年(99年)の8月に撮ったものです。ハイセイコーが繋養されている明和牧場は新冠駅からはちょっと離れたところにあります

ハイセイコー
1970年3月6日生
(2000年5月4日死去・享年31歳)

父 チャイナロック 母 ハイユウ
戦績 22戦13勝(うち地方6戦6勝)
主な勝鞍 皐月賞/宝塚記念/弥生賞
スプリングC/NHK杯                 


  さらば ハイセイコー    寺山修二

ふりむくと 一人の少年工が立っている 彼はハイセイコーが勝つたび うれしくて カレーライスを三杯も食べた

ふりむくと 一人の失業者が立っている 彼はハイセイコーの馬券の配当で 病気の妻に 手鏡を買ってやった

ふりむくと 一人の足の悪い車椅子の少女がいる 彼女はハイセイコーを見て 走ることの美しさを知った

ふりむくと 一人の酒場の女が立っている 彼女は五月二十七日のダービーの夜に 男に捨てられた

ふりむくと 一人親不孝な運転手が立っている 彼はハイセイコーの配当で おふくろをハワイへ 連れていってやると言いながら とうとう約束を果たすことができなかった

ふりむくと 一人の人妻が立っている 彼女は夫にかくれて ハイセイコーの馬券を買ったことが たった一度の不貞なのだった

ふりむくと 一人ピアニストが立っている 彼はハイセイコーの生まれた三月六日に 自動車事故にあって 目が見えなくなった

ふりむくと 一人出前持ちが立っている 彼は生まれて初めてもらった月給で ハイセイコーの写真を撮るためにカメラを買った

ふりむくと 大都会の師走の風の中に まだ一度も新聞に名前の出たことのない 百万人のファンが立っている 人生の大レースに 自分の出番を待っている彼らの一番うしろから せめて手を振って別れのあいさつを送ってやろう ハイセイコーよ お前のいなくなった広い師走の競馬場に 希望だけが取り残されて 風に吹かれているのだ

ふりむくと 一人の馬手が立っている 彼は馬小屋のワラを片付けながら 昔 世話したハイセイコーのことを思い出している

ふりむくと 一人の非行少年が立っている 彼は少年院の檻の中で ハイセイコーの強かった日のことを みんなに話してやっている

ふりむくと 一人の四回戦ボーイが立っている 彼は一番強い馬は ハイセイコーだと信じ サンドバッグにその写真を貼って たたきつづけた

ふりむくと ミス・トルコが立っている 彼女はハイセイコーの馬券の配当金で 新しいハンドバッグを買って ハイセイコーとネームを入れた

ふりむくと 一人の老人が立っている 彼はハイセイコーの馬券を買ってはずれ やけ酒を飲んで 終電車の中で眠ってしまった

ふりむくと 一人の受験生が立っている 彼はハイセイコーから 挫折のない人生はないと 教えられた

ふりむくと 一人の騎手が立っている かつてハイセイコーとともにレースに出走し 敗れて暗い日曜日の夜を 家族と口もきかずに過ごした

ふりむくと 一人の新聞売り子が立っている 彼の机のひき出しには ハイセイコーのはずれ馬券が今も入っている

もう誰も振り向く者はないだろう うしろには暗い馬小屋があるだけで そこにはハイセイコーは もういないのだから

ふりむくな ふりむくな うしろには夢がない 

ハイセイコーがいなくなっても すべてのレースが終わるわけじゃない人生という名の競馬場には 次のレースをまちかまえている百万頭の 名もないハイセイコーの群れが 朝焼けの中で 追い切りをしている地響きが聞こえてくる

思い切ることにしよう ハイセイコーは ただ数枚の馬券にすぎなかった 

ハイセイコーは ただひとレースの思い出にすぎなかった 
ハイセイコーは ただ三年間の連続ドラマにすぎなかった 
ハイセイコーはむなしかったある日々の 代償にすぎなかったのだと

だが忘れようとしても 眼を閉じると あの日のレースが見えてくる 耳をふさぐと あの日の喝采の音が 聞こえてくるのだ
[PR]
by fumiyoo | 2007-07-12 13:57 | 青春の日々
d0088332_10485077.jpg


十兵衛の動画をアップしたいのに出来ないのでこの写真になりました。

お昼の十兵衛との散歩は「暑くて・・・」帰ると汗びっしょり、汗をかくのは良いんだけど、それからの用事が捗らないので、昼は休憩と家事だけにして十兵衛には我慢してもらい、夜帰ったらすぐに散歩しようと思う。
出たがりの十兵衛をしつけるのは大変です。
いたずらも盛んでそのくせ甘えた・・・
つかれま~す。


我が家の“法案”作り・・・少し例年より変わりました。勿論、会計法案です。
中身は内緒・・・・ですが・・
国と同じやりくりです。只違うのはガラス張りです。息子達は我が家にお金を納めます。
明朗会計しないと悪いので私達は極力無駄をしないように勤めます。
でも老体なので、固定資産税、法人税、市府民税、国民健康保険は今年から貰える年金で払います。
国から貰って、国や市へ払います。残りはゼロです。

それでも、少しは楽です。
息子達も何時か飛び立つでしょうから、夫婦2人でやりくりできるよう法案を変えました。

暑い夏の日に、十兵衛は誰が餌代を稼いでいるかも無頓着に無邪気に「お散歩」と「おやつ」をねだります。
私も十兵衛のように無頓着になりたい!!

体を壊さない程度に働きたいんだけどなぁ~~

もうひとつの我が家の法案は「労働と健康」の法案です。

ボチボチやっていきましょう~~と気持ちだけはもってますが
現実に休日がほしい。いやっ!必要でしょう!

私の「着付け」、今年一杯で一応卒業です。「師範の免状」と「看板」貰います。
一応というのはそれからも腕を磨く為に通う事も出来るのです。
コレにお金が・・・・でも、それぐらいさせてよ!
日本は「習い事」の授業料が結構かかりますね。
公共のは60歳からだしね。
公共のはタダ同然のがあるらしいですが分野が限られているし・・・

中途半端に終わります・・・徒然に~~~

(何故、アップできないのかurlが間違っているのかもしれまっせん。
ドガログのurlで良いんでしょうか?自分のプログのurlですか?どっちでしたか?誰か教えてください。)



d0088332_14344969.jpg

[PR]
by fumiyoo | 2007-07-09 11:29

マッピラご免だい!!


d0088332_158152.jpg

今日は昼から雨。シトシトと久しぶりに日本の梅雨らしい雨です。
最近は亜熱帯地方に降るスコールのような雨が多くて、あの雨はとても落ち着かないが今日
のような雨の日は何だか気持ちも落ち着いて、私は花屋さんへ行った。
店先のツツジを片付けて、何か風情のあるお花がほしかった。
“モミジ葉ゼラニューム”
“スイレン木”
“ハツユキカゾウ”
“瑠璃マツリ”
大きな焼き物の鉢がひとつあるので、それに寄せ植えしようと思う。


昨日のニュース、殺人強盗。30歳の若者が52歳のタクシードライバーを刺し殺した。金銭目的である。人を殺し、23200円奪った。3300円タクシー代を使い犯行現場から逃げた。
彼はたった、2万円で人を殺した事になる。
30歳なら何をしてでもそれ位の金額は稼げるであろうに・・
不可解な事件が散乱する世の中になりました。

彼の弁護をしようとは思わないが、何か世の中の歯車が狂い始めている事は確かである。
若者が、使い捨てられている。京都の大学を出た若者が大学院を目指し、就職活動はしなかった。院の試験に落ち2000年4月から勤務先を派遣社員として渡り歩く。好んで職を転々とした訳ではない。リストラや海外への生産移転で仕事を失うこともたびたびだった。それでも、「色んな職種を経験できる」と自分を納得させてきた。
派遣先の滋賀県内の工場でエアコンの室外機に大量のピスを打ちつける。時給は920円で月収はよくても16万円。ボーナスは無い。収入を考えれば、家は勿論、車も買えない。
「結局、僕らは道具なのか。」自分の立場に疑問を持ち27歳の春、正社員の職を求めた。面接官の言葉は冷たかった。「正社員の経歴はないの?」。暫らくして不合格の通知がきた。
「いったいどうしろというんだ」。新卒で正社員にならなかった若者を世間は「努力不足」「自己責任」と突き放す。

中田栄一さんは高校を出て1997年、綾部市内の大手建材メーカーの工場に正社員として入社した。仕事なミリ単位の狂いも許されない窓枠の製造。残業は当たり前。午前8時前に家を出て帰宅は午前零時でも早い方だった。休日はずっと眠り続けた。
有給休暇もあまり取らなかった。「休んだら、会社に迷惑をかける」責任感が人一倍強かった。入社3年目、一週間おきに昼夜が逆転する不規則勤務に変わった。正社員の同僚は次々と辞め、仕事の相方が残業の無い派遣社員に変わった。穏やかだった栄一さんが会社や同僚に愚痴をこぼすようになる。
2001年6月16日。早朝に帰宅し、食事も取らずに布団に入り、そのまま起きてこなかった。22歳。短い一生だった。遺族は労過労死申請した。会社はタイムカードを無いのを理由に長時間労働を認めなかった。過労死申請は却下された。
「いいように働かされた栄一に青春はあったのでしょうか?」は母震える声で訴えた。――――――――――――――――       (京都新聞  ひずむ雇用より抜粋)

大手企業の損益ばかりを優先するご時勢になりました。その影で若者が使い捨てられている。

若者よ!このご時勢を闘うには覚悟がいります。何のレールも約束も無いんだから、頼りになるのは自分の「やり方」。
自分流の生き方と働き方を自分から「選んでやるんだ!」位の意気込みで闘ってほしい。
見方になるのはあなた自身の「経済感覚」「仕事力」「体力」「やる気」
「夢」・・・そうです。「夢」です。
新卒でなくても、高卒でも「夢」があれば、大手であろうが、大企業であろうが「ヘノカッパ」と自分自身の為に自分を鍛えよう、磨こう
「夢」があれば超えられるはず。理不尽な要求も自分の為だけに撰さして超えていこう!

若者よ!これからの時代は我々の時代よりも厳しくなるだろう。
目先の贅沢に溺れるな!「夢」をもって何事も乗り越えてください。くれぐれも体だけは大切に・・
サラリーマンだけが“職”じゃない。自分の納得できるものなら、色んな職業があるはずです。
あなた方は若い!視野を広げて、大きな目で職を決めてほしい。
何でもできる可能性があるのだから・・
使い捨てられる事なんぞ、マッピラご免ダイ!!



d0088332_15421113.jpg

d0088332_15253124.jpg水道工事
d0088332_15262990.jpg
                                                  型枠工→


d0088332_15455474.jpg

[PR]
by fumiyoo | 2007-07-04 14:49