僕の名前は十兵衛・・11月5日生まれの4番目の息子です・・よろしくねっ。


by fumiyoo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

アリとキリギリス

最近、いろんな方のプログへお邪魔して、写真の上手さと、技法に驚かされています。

はっきり言って、そんなに感動した写真は今までなかったがある方のプログで短焦点レンズとやらを使った写真がとてもいい!
 何人かの方のプログへお邪魔して、写真をプロとしてやってられるのか、素人なのかは分からないのですが興味を魅かれた。

私のコンパクトデジカメはそろそろ、寿命なのか画像が流れる時がある。出来栄えも画像の片方だけが暗い時がある。
まだ、7年だけど・・・危ない!!

今度買うとしたら、手頃なお値段のなら、コンパクトデジカメになるし~~と思っていた矢先にこのような目を引く写真に出会ってしまった。
困ったもんだ!!

最近では昔のフイルムカメラを銀塩カメラと呼ぶらしいが、それなら買わずともある。
銀塩も捨てがたい。

でもレンズを取り替えられる一眼レフデジタルカメラも色んな技法が使えてオモシロそうだ!

金もないのに~~マタマタ遊びばかり模索する私は~~
きっと窮地に陥っても“神経的な病気”にはならないだろう。
しかし、体はアリのように働いても、懐はキリギリス状態になってしまいそうだd0088332_1445282.jpg

今、我が家にあるカメラ↓。これに、古びたキャノンのデジカメ一台・・・・どうしよう壊れたら?


d0088332_14272012.jpg

  ミノルタSR-7

d0088332_14273941.jpg

 キャノンEOS10

d0088332_14275439.jpg

 銀塩カメラと望遠レンズ

d0088332_14332120.jpg

 コンパクトデジカメで撮った写真・・修学院離宮にて。
[PR]
by fumiyoo | 2007-08-30 14:36

丸坊主50円

Kさんは夫婦二人とお姑さんとの3人暮らしでした。Kさんは腎臓が悪くて週3回透析の為に病院へ行く。
行きかえりにお店によっては世間話をして帰って行く。
子供のいない彼女は家で縫い物の内職をしながら、お姑さんを世話していた。彼女は病気の為に食事制限を厳しくしていましたが、お姑さんはもう時期90歳にもなろうかと言うのに食欲が旺盛で何時も“カツサンド”をお姑さんの為に買っていく。

何日かKさんは来なかった。
来られたある日、買い物をするKさん「もう、カツサンドはいらんわ。」と言う。お姑さんが亡くなったんだ。

ある日、Kさんのご主人が買い物へ来た。
「初めてのお買いもの」といった感じだった。
母親と女房にかしずかれていたおじさんは買い物などした事がなかったようだ。
最初はおぼつかない買いもの風景だったおじさんもダンダン買い物を楽しむようになった。
「おばはんが病院やから仕方ないやろう・・」と照れ笑いしながら雑談も出来るようになっていった。

最近ではおばさんよりもおじさんが毎日やってくる。
時間帯によってはウチの旦那とお喋りしながら帰っていく。
旦那が休憩を取っている時は「お父さんは?・・」と聞く。
「今は 休憩です。」と私が言う。
何となく淋しそうに「ふーん」と言って帰っていく。

今日は珍しく私も旦那も居た。おじさんは嬉しそうに苦笑いしながら
「暑いから、帽子ぬいでん。今日は直射日光はないよって・・」
「これ、いいでー、これっ!」と旦那は悪戯小僧のように笑いながら頭に巻いたタオルを指差した。
おじさんは下を向いて笑っていた。

昭和27年に岐阜から京都へ就職の為にやってきて京都に居ついたと言うおじさんは小奇麗でチョットした「おしゃれさん」でした。
「お父さん、あんたみたいな作業着、着てたら頭の鉢巻きも似合うけど、おじさんはおしゃれだから、駄目やん。なぁ、おじさん、嫌やなぁ?」と私が言う。
「そうか!なるほど、俺ぐらい、汚れてんと、似合わんか。」
\(^o^)/顔を見合わせて3人で笑った。

「頭スッキリしてんなぁ、丸坊主でっか」と旦那が聞く。
「丸坊主ちゃうで、ちゃんと散髪してんやで・・」
確かに2分か5分ぐらい、微かに髪の毛は残っていた。
「昔、俺らは兄妹多かったから順番に座らされて親父にバリカンで刈られたもんや。たん~まに散髪屋へ行く事があったけど、子供料金で丸坊主50円やったなぁ・・」と旦那。
「そうやなぁ、ワシが昭和27年に京都へ来て散髪行った時、大人料金で120円やったで。」
「やっぱり、そうか、そうやったなぁ・・」
他愛ない話を誇らしげに言う旦那がいる。
他愛ない話を喜んでいるおじさんがいる。

男同士の井戸端会議は~~~~~と続いたのであります。

――――こうしてモノポールの一日が終わるのです――――


     
d0088332_1673458.jpg

[PR]
by fumiyoo | 2007-08-28 16:07 | モノポールの話

はじめまして~~

こんにちわ!赤ちゃん!!

はじめまして~~(長い動画なので適当にとばしてくださいねっ。)



生まれたあくる日の映像です。(24時間目位です)
初めてお母さんの部屋に来ました。

「泣いたらお乳あげてください」。看護婦さんがそう言って出て行きました。
泣くのを待っている映像です。
この泣き方(この映像)ではまだお乳がもらえませんでした。

もう一度待ったら「大きな声」でなきました。
それから授乳でした。

3186g 49cm 女の子です。よろちくっ\(^o^)/

お母さんは今日は元気に椅子に座って食事してました。
皆さん、ありがとうございました!!
[PR]
by fumiyoo | 2007-08-25 13:59

Aちゃんのお産

Aちゃん、入院!回線異常とかで、帝王切開に決まりました。出産は8月23日午後2時です。
生まれ日付が分かるのはチョット楽しみがないけれど、元気な赤ちゃんの顔・\(^o^)/を見れるなら、仕方ないかなぁ・・

お母さんになる文(あや)ちゃん!!可愛い子を見せてネッ\(◎o◎)/!楽しみだワン!!
がんばれ!文(あや)ちゃん!!写真撮らせてねっ。

乞うご期待!!

   
d0088332_1458453.jpg


イラストレータの卵が描く、新米MOM生活
からお借りしました。

  
[PR]
by fumiyoo | 2007-08-21 14:17

戦争

スペインに『ヒロシマ ナガサキ広場』と『日本国憲法九条の碑』が・・・

私と共に生活をした姉は今年3月3日に72歳でなくなりました。
初盆で実家へ帰り兄夫婦と二番目の姉と姪、それに私達夫婦で話に花が咲きました。
何時もの事ですが「昔の話」になります。
こんな時、上の3人は昭和11年、13年、15年生まれなので私とは味わった生活が違います。
何時も聞き役になってしまいます。
「はだしのゲン見た?」とテレビの話を始めた時、姉は「途中まで・・あんなん、最後まで見れん」と言いました。
自分が空襲を受けたときの記憶が蘇ってくると・・兄も同じだった。

防空壕へ逃げ込んでそこへ水が入ってきたとき、一番小さかった兄と食べ物をタライに乗せて非難した事。
空襲警報がなって橋の下に逃げた事。
空襲が終わり家に帰る道々で、木にぶら下がったまま死んでいる人、
片手、片足が飛んだまま横になってうめいている人。
目が飛び出した人。
小さな息をしている人・人・人を踏み分けて家路に着いた記憶が蘇ると。
「とても、見てられへん」。と姉は言った。
初めてでした兄妹で戦争の話をしたのは・・・

私は「はだしのゲン」をみて泣きました。
こんな理不尽な事が二度とあってはならんと思いましたが
私の「思い」は映画としてみている戦争に対して涙したのかもしれない。
日本のこんな時代が何故来たのか考えました。
そしてこれからの子に語り継がねばとも思いました。
でも、実際に経験してない私達がどの様に「戦争」を感じれば、伝えられるだろうか?
そこへ思いはつきました。

何かを書こうにも貧しくて書けない。
そこへ70歳代万歳!」と言うプログへ向かいました。
当然私の姉や兄の世代の人からの話しが聞きたくて
そこにはhisakoさんのお兄さんのプログ[日中戦争の中の青春]も紹介されていました。

亡くなった姉の父親が昭和11年3月に出兵して帰らぬ人となりました。
幼い頃に聞いたのは「南方で死んだ」。だけでした。
今となっては聞く人も今はもう、いませんが昭和11年、1936年は「日中戦争」はまだ始まっていません。
何処で何に巻き込まれて死んだかが分かりません。
でも、姉を抱いて母が見送りに駅まで行った話も聞きました。
従妹同士の無理やりの結婚だったので気の強い母はイヤイヤ駅へ行ったと聞かされました。でもそれが最後になったのです。
姉は生まれて3ヶ月の赤子でした。

「戦争」を意識して生活しなければ、何時か憲法が改正され
それはアメリカの軍事の「手先」への道をまっしぐらに突き進むように思います。

世界に憲法9条ありきを知らせましょう!私達の平和は私たちで守らないと何時か崩れます。その危機感をもって考えないといけないんだなぁと思いました。
[PR]
by fumiyoo | 2007-08-20 19:08

戦争。

a
[PR]
by fumiyoo | 2007-08-20 11:38

台所番の独り言。

血圧が高い事を気にしてると煮物の味付けが薄くなります
薄い煮物をゆっくり食べてる旦那を見て少しガッカリします。

あくる日、ほうれんそうのおひたしの味付けが何故か濃くなります。
息子達がゆっくり食べてるを見て、「如何したん?」と聞くと
「味が濃い・・・」と言います。
旦那が「ほうれん草は薄くてよかったんや!バラバラやなぁ・・」と言います。

バラバラになるには理由がありますが
男達には分からない。

熱中症は水分不足と塩分不足で血流が止まるとか・・
旦那も、下の息子も暑い所で仕事してます。
しっかり水分はとってるだろうけれど、塩分は?心配になる。
我が家はどちらかと言うと「薄味」ですがそれではこの夏は大丈夫だろうかと
迷いながらの食事の支度は味がバラバラになってしまいました。

でもコレで、我が家はやはりいつもの「薄味」が彼らには馴染んでいる事が分かりました。
・・それって私の「味付け」なんだよね。・・エヘヘッ(笑)・・・・

 


------------------ある家庭の台所番の独り言-------------------

    
d0088332_0484532.jpg

姉の初盆を終えて、姉が可愛がっていた「ゴンボー」です。
今は兄嫁が餌をやってくれてます。誰もいない家でネコ達が2匹住んでいます。
姉が亡くなった頃は、姉を探していました。
私と同じだねっ
がんばれ!「ゴンボー!!」
負けないぞーーーーー!。
[PR]
by fumiyoo | 2007-08-20 00:54 | 姉たち・・

川遊び十兵衛




二度目の川です。
アスファルトが暑くて昼間の散歩はしたくないけれど、昼間が一番ゆっくりできるのでつい!散歩。
十兵衛は足が暑いので川にマッシグラ・・こわごわですが・・大好きです!!
指と指の間を広げて水を叩きながら進んでいきます。
10分でも、20分でもつかってます。
そのうち泳いだらいいなぁ~~

今度は私も入りた~~い!十兵衛、一緒に入ろう!

あ・つ・い!!
[PR]
by fumiyoo | 2007-08-17 15:12 | 十兵衛

d0088332_8541358.jpg

      関の尾の滝 (宮崎)



d0088332_8555845.jpg

      真名井の滝 (宮崎)


d0088332_857321.jpg

      四十三万滝 (熊本)


滝のギャラリーさんからお借りしました。

  暑中  お見舞い申し上げます

暫らくの間、お休みさせていただきます。暑いので、のびてま~す。

P:S  お店の盆休みは8月13日(月曜日)14日(火曜日)の2日間です。
[PR]
by fumiyoo | 2007-08-06 09:02

原爆ドーム

8・6が来ます

キリンのレオポルトは、両足を踏ん張って水際に立ち、せわしく、すこしずづ水を飲みました。
それから、彼女は、いやっ、彼は言いました。
「あきれたやつらだ!人間ときたら、気持ちよく暮らせるのに!魚のように水にもぐれるし、キリンのように走れるし、カモのように帆をかけて走れるし、カモシカのように嶮しい山にのぼれるし、ワシのように飛べる。それくらい働きがあるのに、それで何をしでかすんだろう?」
「戦争さ!」とライオンのアロイスがうなりました。
「戦争をしでかすのさ。それから、革命をね。それからストライキをね。それから飢饉で食うに困ったり、新しい病気をつくりだしたりしてね。僕のたてがみがこんな金色じゃなかったら・・・」
「腹が立って、たちどころに真っ赤になるんだろう。」とキリンが後の文句を引き取りました。・・

「動物会議」(エーリヒ・ケストナー)1949年の作品です。第二次世界大戦後のドイツの作家の思いがつづられています。子供と識者のための作品です。

人間の社会を良くするためにみんなが、仲良く手を取り合っていかなければならないことを訴えている作品です。

とても短時間で読めます。挿絵も可愛くて楽しい絵本です。
簡単な言葉に「真実」があるように思われます。

これから我々が世代的にも中核から下になりますが戦争の臭いを知っている者として少しでも「戦争の怖さ」を伝えれたらと思います。

特に「原爆」。広島、長崎に落とされた原爆を再検討するべきです。
アメリカは何故落としたのか?
落とさなければならなかったのか?
我々は傷口を覆い隠して良いのだろうか?

アメリカは同じ事をイラクやアフガンやベトナムでやってます。

被爆国の日本が何かを伝えねば又同じ「過ち」がおこりそうです。


d0088332_14443452.jpg

[PR]
by fumiyoo | 2007-08-05 14:40