僕の名前は十兵衛・・11月5日生まれの4番目の息子です・・よろしくねっ。


by fumiyoo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
新製品も一休みしている今日この頃のモノポールに午前中の早から、お客さんが思いつめた様な顔つきでレジまっしぐらに入ってこられた。「何か、失敗したかなぁ"^_^"となんやかや、思いがめぐる。
次の瞬間「ホームページに11月から予約受け付けると書いてありましたが・・去年から待ってたんです。シュトーレン、予約したいんですが。何時焼けます?」
お客さんのベースに巻き込まれた私は「ハイ、11月~~エート、お父さん何時?」と厨房の旦那に話をフッタ。旦那は「うーん!、えー、そーのー」辛気臭い旦那の応答。シビレを切らした私は思わず「11月下旬・・30日には出来てます」と言った。
お客さんは納得して予約をして帰って行った。

お客さんが帰ってから旦那とシュトーレンの“だんどり”を打ち合わす。
「もう少し早くやけるなぁー、中旬ぐらいかなぁ」
やっと具体的な数字がでてきた。

お客さんには少し早く出来たら電話を入れよう!
去年から待っていた。・・と言う言葉は私たちにエンジンをかけさせた。

ポスターやクリスマスの飾りつけをしなければ・・・
リボンやヒイラギ、クリスマスのシールを買いそろえないと・・・
旦那はドライフルーツをラム酒で漬けなければならない。
15K入りぐらいのタッパーがいる。2個・・・用意しなければ・・・
コマゴマとした雑用は全て私の役割である。

ポスター作りにカード作り、これらもやらなければ・・
ガラス張りのモノポールには貼る場所は困らないが、困ったのはそのガラスが汚れている事だ。
七条通りと西小路にはさまれたモノポールのガラスは汚れやすい。
思いついたが100年目???
次の瞬間、私はガラスを拭き始めていた。
「お父さん!あそこ、手届かへんわ!」
天井までガラス張りなので私の身長では限界がある。
次の瞬間、旦那がモップと背の高い三脚をもってガラスを水洗いし始めた。
「最初に、水洗いや、大きな汚れを取ってから、洗剤で拭けば良い!」
旦那がガラスを洗い、乾拭きした後、私がマジックリンで汚れを取り、もう一度ガラスクリーナーで乾拭きをする。

準備完了!
温かい日差しの中でのガラス拭き・・・そろそろ、シュトーレン!
シュトーレンが来るとモノポールは年の瀬までまっしぐらである。
やる事が将棋倒しのようにやってくる。

体が痛い!
でも、心地よい。

シュトーレンの時期は1年の締めくくりである。
「今年も、此処まで頑張ったね・・」
無言で夫婦で語り合う・・・それがシュトーレン作りの会話である。

d0088332_14481935.jpg

[PR]
# by fumiyoo | 2007-11-08 14:48 | シュトーレン

トンカツ??

秋になると必ずやってくる友人からの「ジャガイモ」。
彼女はボランティアで秋に北海道の十勝の野菜を買っている。その中でもジャガイモはぐんを抜いて何十箱も頼むので、それを銘銘の友人に安く買ってもらう事にしている。
10k、1箱で1000円。私達は毎年買っている。

その取れたてのゴツゴツした土つきの大きなジャガイモを初回にコロッケにしてみた。
スジ肉と玉葱のみじん切りを炒めてジャガイモに入れた。
野菜は糸こんにゃくと万願寺トウガラシのピリから炒めを添えた。

コタツでテレビを見ながら待っている旦那にコロッケを運ぶ。
キャベツの千切りの横に俵型のコロッケ、わかめの味噌汁、糸こんにゃくと万願寺とうがらしの煮炒め物。
マヨネーズとゴマだれドレッシング。欠かしてはいけないウスターソース。
息子達はとんかつソースも好きだ!

「お父さん!トンカツいるー?」と台所から聞いてみた。
「トンカツまで食えんわ!」居間から声が聞こえた。
「ううん、違う。トンカツソースやったわ」台所で手を動かしながら私が言った。
「エライ違いやないか」・・・笑いながら旦那が言った。

d0088332_163898.jpg



トンカツとトンカツソースの違いでした。
こうして月曜日の夕飯は始まりました・・・
[PR]
# by fumiyoo | 2007-11-06 16:38 | 食事

寄せ植えの花たち・・

ここ2,3日植木に没頭してる。サツキは好きな植木ではないけれど、5年ほど前に隣の滋賀銀行が整理されてなくなるとき、銀行の周りを埋め尽くしていたサツキを処分しようとしていた植木屋さんから2つほど受け取り、植木鉢に植えて店先においていた。所詮好きでない植木、この際植え替えようと思い小さな草花を何点かかった。でも棄てられなくて、結局家に持ち帰り又違う鉢に植え替えた。

大きな南天も主人の背より高くしない方が良いという話をきいてから気になっていたので小さく切った。それやこれやあれやでやる事山の如し。

梅雨時分に買った紅葉ゼラニュウム、スイレン木、瑠璃マツイ、ハツユキカゾウは寄席植えにしたものの大きくなりすぎたのと、それぞれが好む条件が違った事が後で分かり、それぞれ独立していった。
寄せ植えはある意味難しい。全く同じ条件を好む植物を選ばないとお互いを邪魔しあう。
今回は少し考えて買いましたがやはり好みが出るので、合わなくなれば離して植え替えようと思う。

aamuiさんのプログで以前見た花に近いと思って買った
d0088332_15345297.jpg
ダイヤモンドフォレスト・・もう、4,5ヶ月も咲き続けている。多年草なので終わっても来年がある。
それに瑠璃マツイ・・これは小さな苗を買ったのに期待に反して、とっても丈夫で大きくなりこれも11月だというのに咲いてくれている。
今回楽しみなのは四季咲きの「ホワイト」、それに「白雪姫」・・これらは木ものなのでどれだけ立派になるかが楽しみだ。

スイレン木も買ってから気がついたのですが「木」なのです。それも盆栽にすれば良いらしいのですがとても手に負えないので適当に枝を切ってます。これでは盆栽にならんのでは?・・まっイイカ!という気楽さでやってます。

今日は可愛い花たちを壊れかけのカメラが紹介してくれます。

あぁーそう、そう、先日でかけた着物も撮れたので紹介します。姉の形見の着物です。
姉は美人顔だったのでたぶん「粋」に着こなしたんだと思いますが、私が真似すると「粋」を通り越して「へんてこりん」になるので私は「洋服風」に「色」を基調に合わせてみました。

「植木いじり」も姉のやっている後姿を見ていたのか 同じような事をやってます。
姉には追いつかないけれど、しらぬまに体で教えてもらっていた事の大きさに今更ながらびっくりします。

そう、姉は絵も上手かったんです。

暮れ行く秋空と共に、姉がやってきた。

d0088332_15371990.jpg

  白雪姫
d0088332_15375753.jpg

 瑠璃マツイ
d0088332_1538422.jpg

d0088332_1539199.jpg

[PR]
# by fumiyoo | 2007-11-05 15:36
私は昨日、「早川一光Vs茂山狂言  笑い・話来・和来(わらい)?!」を観に京都産業会館へ“お着物”を着て出かけました。
毎日時間に追われて油(パンの油脂・バター)まみれで、ジーンズ姿で働いているので、たまに出かける時は異次元(オオゲサです)に行くつもりでオシャレして出かけます。

早川先生は京都の方はご存知の方が多いでしょうが「わらじ医者」と呼ばれた京都西陣の堀川病院の先生でした。7年目に雪深い山里の美山診療所へ赴任されました。
83歳とは思えないパワー、親父ギャグが好きでイチビリでやりたがり屋で何よりも庶民的で
愛情溢れる話し方に皆笑わずにはいられませんでした。
「笑う事が自然治癒力を高める」と言いたげでした。「笑い」とは、一番の特効薬だと思われている様でもありました。
そんなお話しの流れから茂山七五三、逸平親子の狂言がありました。
出し物は「蝸牛」でした。カギュウと読みますが「カタツムリ」のお話しです。
初めての狂言でしたが「能」とは違い、舞台装置が殆どなく金屏風とマイクと舞台一面に置かれた厚さ10cm位の板でした。この板を白足袋をはいた狂言方が歩く、走るそのときの板を蹴る音で大きな人間を想像させたり、武士を感じさせたたり、この板の足音が結構な音響効果であり、狂言の大きな声のセリフ回しが迫力をもって奥行きを感じさせてくれる。何とシンプルなのに想像の世界は大きくて自分勝手に泳いでいける楽しさがありました。
一種の形式美なのでしょうか?

狂言のあとは茂山さんと早川先生の対談もあり、後から息子の逸平さんも加わり84歳、60歳
26歳の対談でしたが、七五三さんは狂言の歴史や能から歌舞伎に至るまでの昔からの言い伝えや伝統を話されていたのに対して、逸平さんはフランスへ留学されていた時の感想や、フランスの演劇に対して日本の狂言や能は静かだと言う、それは陸続きのフランスでは隣の国のお人にも分かるように、理解してもらえる範囲で大げさな(?)表現になるのに対して、日本の「能」などは“平家物語”を知っているという前提での演劇であり、狂言にしても日本人に分かれば良いという前提なので、やはり「静」であると。
しかし、彼らヨーロッパの人たちは芝居を良く見ていて、「見方が上手い」そうである。
狂言など、日本語で演じても、おかしな所ではキッチリと笑うそうです。
逸平が話しているときはお父さんの七五三さんは静かに聞いてられました。これも見ていて楽しいものでした。

d0088332_16104788.jpg


帰りは友人と食事とシャレこみました。
四条烏丸は小さなお店が多くて・・長男も此処でおをしていますが・・・歩いていても楽しく、「あそこにする?いやっ、コッチも面白そう」等とグタグタ言いながらお店探しをして、出くわしたのが「石川さん」でした。
小さな路地を入ったら、町家の長屋が3,4軒立っていて、去年から気にかけていた処だったのでしたが此処がお店になっていたのです。誰が知り合いのお宅へ呼ばれるように入った「石川さん」と言うお店でした。
素人が作ったような“おばんざい”が並んでいて、友人と楽しく何品か注文しました。
「これは良いヒント!」と思うお品書きがありましたので
ここで紹介したいと思います。カメラが壊れているので写真が取れなかったのが残念ですが
想像してお作り下さい・・・

〇小芋のゆばあんかけ
〇三つ葉と数の子のサラダ(マヨネーズとゴマドレッシングであえてました)
 ●これは私は水菜とタコでしても美味しいかと思いました。タコが高ければ他の貝なら、なんでも。
〇こんにゃくとトウガラシのピリから炒め
 ●これはこんにゃくを濃い口醤油で炒めて下味つけてから、トウガラシ(又は万願寺とうがらしでも良い、これはあまり辛くないので)それに油いためしたチリメンジャコ。パリパリにしたのを混ぜ合わせます。
〇きのこだらけの豆乳鍋
 ●これは出し(カツオと昆布の)と豆乳に色んな季節のきのこを入れて煮詰めます。
  白菜も入ってました
〇なすと鰊のたいたん
〇銀杏のいったん
それにガス釜をおくどはんの様に設計して窯でタイタ信州の新米!!
これはチト固めの焚き加減でしたが、おこげのかおりが懐かしく、コメは焚き方だとつくずく思わされました。

勿論、ゆずで割ったチュウハイ、シークワーサーのチュウハイも美味しく頂きました。
友人は日本酒で大吟醸を飲んでました。彼女も楽しくなったのか何時もの事ながら、ズレタ冗談をひとりで言って大きな声で笑ってました。
たまたま、そこのお店のスタッフの男の子が次男と同い年で、聞いてみれば同じ高校!
名前を言ったらご存知で・・・「なんだか、てれくさい!でも応援したい」気持ちになりました。
横にいた女の子も友人の娘さん位で、軽く酔った彼女は娘に普段言えそうもないことを彼女に話してました。

そんなこんなでおばちゃん二人旅は若い子達と楽しい会話をして幕を閉じました。
[PR]
# by fumiyoo | 2007-10-30 16:03 | 音楽

新製品・・ゾクゾクと。

秋です。モノポールは「新製品ラッシュ」です。
これは、私の仕事の一部として紹介したく・・マズはご覧下さい!

d0088332_15332749.jpg

d0088332_15351842.jpg

d0088332_1535521.jpg

d0088332_15365687.jpg

  ↑はフランスパンに丹羽の黒豆です。
d0088332_15391029.jpg

  ↑は山形の「だだちゃ豆」をネットで買いました。採算度外視???
  これも生地はフランスパン。
d0088332_15394742.jpg

  ↑はきんぴらぱん
d0088332_1540228.jpg

  ↑は焦がしきな粉ぱん
 中のあんに炒った「きな粉」が香ばしく入ってます。美味しいわん!!

    
  お父さん! ・・・頑張ってます。
                         以上です。
[PR]
# by fumiyoo | 2007-10-27 15:45
時間がないのに散歩に行く、早く用をたせば早く帰ろっと思っているのに、何時までも虫を追いかけて遊ぶ十兵衛。
十兵衛は私が引き出しを片付けていたら“丹後ちりめんのにおい袋”を引き出しから取り出して得意そうに持ち去る。追いかければ走る・走る。家中走る。やっと取り上げれば、今度は靴下。帽子。何でも私が触っているものを持ち去る。

d0088332_1454467.jpg

でもおやつの時はチャンと座って待っている。
「可愛い・可愛い」と接していて、ワンちゃんなんだからマザコンになろうが、ニートになろうが構わない。そんな軽い気持ちで十兵衛とは付き合える。
しかし、しかしである。ワンちゃんといえども甘やかしすぎると、けじめがなくなって「何をしても良いんだ!」みたいなハキチガエをする。食事の時間に上の息子の脇を噛んでくる・・カムと言っても、悪戯っぽく噛むので真剣には叱れないが食事がゆっくり出来ない。

仕事で疲れている息子はシビレを切らして「ハウス」といってゲージへ入れる。十兵衛は鼻声を出しながら、それでも出してもらえるだろうと高を括って静かに待っている。時間にして20分位だろうか。我慢できる時間である。そんな風に家族が皆十兵衛に接するものだから、図に乗って甘えから我がままになる。
我が家は家族4人が時間差で出勤である。旦那が家から出るときはまだ、眠いのもあるのだろうか追いかけはしないが私から、次男、長男と家を出るのだがその度に玄関のドアを叩いて後追いするらしい。朝のハヨからヒーヒ言いながらドアの音は近所迷惑だろうと思い、昨日から私が出る時にゲージに入れている。後ろ髪を引かれるが致し方ない。長男が最後なので、その時にはゲージから出して、出勤する。時間にして、2,3時間位。
コレが十兵衛にはカルチャショックなのだろうか、初めての日は私が帰ると何時もの「悪戯」が少ない。お行儀は良い。可笑しなものである。かなりのショックだったのだろう。今まで家中を好き勝手に走りまわる自由を、一時といえども奪われたのだから。戦々恐々なのだ。ワンちゃんといえども、そこは利巧な柴犬!「考える」のである。

夜も私や旦那には気を使う。「言うこと聞いとかなぁ・・カタチだけでも。」と言う感じでそそくさとゲージに入っては出てくる。「僕はゲージにでも入れるんだぞ!」と言いたげである。しかし長居はしない。入っては「見た~?」と言いたげに私達を見て出てくる。
十兵衛なりに「知恵」を使っているんだ!

これは人間の親子の間でも同じような事があったように「遠―い記憶」をたどってみた。
十兵衛は長生きしても20年、幾つになろうが私達を追い抜きはしなし。老犬になっても可愛いのである。
しかし人間は難儀なものである、赤ちゃんで生まれて幼少期を向かえ少年期を向かえ、ややこしい思春期を迎えたころから、親に真正面からぶつかって来る。相手も真正面なら私も、と一時は親たちもシャカリキになる。シャカリキに対応してシャカリキに愛してお互いしんどくなる。そんな思春期が終わろうとした頃から子供達は幼虫からサナギになり成虫になっていくのだろう。「カフカ」の“変身”を思いおこさせるべく子供達は“変身”するのである。親たちは日々の食べる為の仕事にかまけている間に息子達はしらぬまに親達を追い抜き「未熟な大人」になっていく。
“変身”した「未熟な大人」の息子達は辛らつな言葉を私にぶつける。「小さい時は子供だったんで言われんかったけど・・・」と前置きして。私も息子達に負けず「未熟な大人」である(・・旦那曰く。)だから、だから堪える。頭が真っ白になる。此処何日か、真っ白である。
いくら「未熟な大人」になったつもりでも、こんな時に同じ土俵で「相撲」は取れない。
だって私は「親」だもん。(・・・これも旦那曰く。親なら上から見とけば良い)そんな事、千も万もわかってるが・・出来ないのが辛い!
彼らの“甘え”でもあるとこれは私の母性が感じる部分もあるが、私は私の母親にそこまでしてもらえなかったからか、もう一つ無条件で受け止められなくて疲れる。疲れて頭の中が渦巻き状態になり、挙句の果ては旦那にオハチが回る。駄目な女房だなぁ・・と思う。ツクヅク・・・思う。
彼らが一応の段階を得て、最終段階にきている事だけは分かる。彼らが闘っているのはもう、“おや”ではなくて、“社会”であり、“己の仕事”であるはずだ。
しかし、厄介な事に何時までも私は提供し続けなければならない。「ホッとできる家」
私の定年は・・等と言うと「母親に定年はない」と旦那が横から叫ぶ!確かに親に「定年」はない。

十兵衛はどんなに悪戯しても、人間の子供ほど「辛らつな言葉」を発しない。何時も無条件で私が帰ってくると喜んでくれる。最高に良い顔をして。息子の良い顔をもっと見てみたいもんだ。

d0088332_14553433.jpg

[PR]
# by fumiyoo | 2007-10-25 14:56

はかどらない・・・

先週、先々週と「大振袖の着付け」。来週は「創作帯結び」が課題。自分で袋帯の結び方を創作して、モデルの方に着付ける・・・頭がいたい毎日である。来月は「着物検定」もあるのに、勉強がはかどっていない。12月には卒業検定があるし・・・しばらくプログは休まないと時間が作れません。皆さんマズは2週間お休みします。時間のあるときは皆さんのプログへお邪魔しますがしばらくお休みさせてください。

帯結び色々


花嫁


大振袖


↑のような事を教室では日々苦労しながらやらせていただいてますが、細かい所に神経がいかないとルーズな「着付け」になってしまいます。
先生は決して見逃しません。
すぐに「チェックがはいります」・・かなし、(>_<)
自分の着付けよりも楽しいですが覚えないといけないことが頭の中でコンガラガッテ、
今いち整理しないと「爆発!!」しそう!。

「芸術は爆発だ!」誰かさんが言ってましたね。
[PR]
# by fumiyoo | 2007-10-06 16:41 | 着物

写真展

最近、と言ってもまだ3回ほどですが、お昼の休みに出かけることがあります。十兵衛の散歩を気にしながら、そうでもしないと何処へも行けにゃいんだわ!

それで先日行って来たのが、タダ券を貰って(誰かのオハコでしたね。真似しました)
高島屋へ~“瀬戸内寂聴 さん”の作品や人となりが展示されていて、ドウット言う事はなかったのですが、若い頃、西梅田の「堂島ホール」(最近はあるのかどうか知りませんが・・)で、瀬戸内晴美、田辺聖子・・あと一人思い出せませんが女流作家3人の講演へ行った事があり、その時の記憶は「派手な着物を着た人やなぁ・・少し品がないなぁ・。」という記憶の人でしかなかった瀬戸内晴美さんでしたが、50歳を過ぎて出家され嵯峨に自宅をかまえられてから、何故か親近感を持つようになりました。
彼女の作品や作家仲間からの手紙等も展示されていて交友の広さを感じました。水上勉・
今東光・横尾忠則・懐かしい名前が並んでいました。
彼女の古典「源氏物語」は一度は読みたいものだと思いながらスルーして帰ってきました。

そして今日は旦那のお兄さんの「写真展」に行って来ました。50の手習いで始められた写真はお義兄さんの人柄が出ていました。去年山で亡くなった奥様・・お義姉さんと登られた山の写真や高山植物の写真。
子供達は今はすっかり独立して、定年も迎えられ、大きな静かな家での一人暮らし。出張が多くて一人暮らしが多かったお陰か食事の用意もお手のもの。器用でマメなお義兄さんです。

何時か 人は「ひとり」になるのかもしれません、そのときに残るのは過去の「思い出」。
「思い出」はその時息を吹き返して生き続けるかもしれません。
一緒に登った山で撮った写真・・何よりのお義姉さんとの共同作業。
見事!此処で花咲かして、これからのお義兄さんの人生の「標識」になっているように感じた。

夫婦はこうして熟成していくものかもしれません。
d0088332_1513914.jpg
d0088332_15133229.jpg

d0088332_1522926.jpg


壊れかけのカメラで撮りました。ご機嫌とってます。来年3月位までは頑張って!!
今は懐がサムーイ!着付けの卒業で「木札」に予算決定なので・・"^_^"
一眼レフほし~~い!ニコンもよさそうですね。今は妄想だけーです。(●^o^●)!!
[PR]
# by fumiyoo | 2007-10-03 15:11
プログを初めて、9月で1年になりました。
右も左も分からない私を“危ないなぁ~”と思いながら、見ていてくださった皆さんへ感謝です。

写真がモトモト好きだったので、それを載せる事が面白かったものの、プログの性格上・・と言っても、これも最初はどう捉えて良いのか分からないままの「見切り発車」でした。
写真の加工の仕方・・例えば顔にモザイクを入れるとか・・も技術的に知らないまま“無用心”に載せた事もあり、自分的にはプログでお会いした人達をそれなりの「信頼感」で写真を載せていても、所詮プログは公のもの。誰が見てるかワカラン・・という用心の仕方も必要だったトキもあったように思い、今更ながら反省すること「山」の如しです。
迷惑をかけた方が、もしおられたら、この場をかりて「ごめんなさい。以後気をつけます」といいたいです。

私の、拙いプログへ来てくださった皆さん、有難うございます。
ある時は「もう、止めよう。」と思い
ある時は励まされ、ある時は「新しい世界」を見せてもらい、
ある時はためぐち言いながら、「笑い」がこみ上げてきたときもありました。
自分自身にはある意味「正体」を見せる事によって、書けない部分があるのが窮屈に思いながら、「正体」を隠さずにやってきたのはそれなりに自分自身に「規制」をかける意味もありました。

文章というものは「直接的な言い回し」以外に、自分自身の心を移すことは可能だと思ったからです。それを「可能」にしてみたいと言う願望があった事も理由のひとつとなりました。
何処までもクリスタル~~は無理ですが 例えば、お天気の話をして、宇宙を想像するような~そんな感覚が・・とってもイイカゲンな、そんな展開が出来たら、面白いなぁと思いつつ・・

私なりに節度を持ってやってきたと思っていますが、人間はそれぞれ考えが違うものです
言葉の行き違いで気分を悪くされた方がおられたら、この場をかりて・・「ごめんなさい」ともいいたいです。

お店のホームページがあって、このプログがある。・・筈でしたが、いつの間にかプログにばかり居続けました。
あなたとあなた、そう、そこのあなた達のプログの魅力に取り付かれていたのです。

この辺でプログ1年生から2年生になります。
もう少し、しまって行こうーー(野球やないねんで~)!と思いました
これからもmonopole同様、宜しくお願いします。

ここで、何故か、
業務連絡で~す。\(◎o◎)/!聞いて下さい
10月より食ぱん・菓子パンも宜しくお願いします。
 1000円より宅配します。
 製造に限度がありますので
 日程はmailでご連絡 お願いします。

  ★コメしてくださってる方々、“おまけ”あります。
        シュトーレン同様宜しくお願いします♪♪

詳しくは 手作りのパン  モノポールのホームページを見てください
★菓子パンのコーナー及び他の箇所も今だ未完成ですが、ボツボツやって行きますので宜しくお願いします

素敵なイラストは新米イラストレータのMOMさんに書いていただきました。
MOMさんには、多大なご協力を有難うございます。この場をお借りして今度は「ありがとう」と言いたいです。
[PR]
# by fumiyoo | 2007-09-28 23:07 | モノポールの話

未来への微笑み・・

宝物はいつも 掌の中
カソルラさんの  
この微笑みは未来の私にむけられている。
この微笑みがあるから もっとやさしくなれるのだ。
の言葉に触発されて私も、ドッコイショと昔の私が笑ってる写真を探してみました。

あの頃はあんなに気持ちが優しくて幸せの中にいたのに、私はいっぱいいっぱい後悔する。
何も怖くなかった・・タダあなたの優しさが怖かった・・
「神田川」時代の写真がひとつ別人の様に笑っています。

もう一枚は息子に囲まれて笑っています。これも別人のようです。
いっぱい、いっぱい愛されて、愛した時代。
私の周りには母も姉もいて、愛されていた。後悔するほど毒ついても愛してくれた。
苦労をまだ知らない時代の写真です。
d0088332_0101328.jpg

 OL時代 会社の慰安旅行先のホテルの部屋で同僚たちと・・20代、別人ですよ。
d0088332_0123819.jpg

 子供が可愛くて最高の時ですね。30代終わりの頃。


  今はかわりはてましたよ~~ん!
  なんでやねん


大切に大切にしないとあっという間に過ぎてゆく
シャボンダマのようにとんでゆく・・
私はあの頃、大切にしただろうか?
ただ、一生懸命生きてきただけのように思う。
大きな忘れ物が もう、見つからないかもしれない忘れ物が「写真の中」にあった。
[PR]
# by fumiyoo | 2007-09-27 00:18 | 青春の日々